ハチの種類と危険性について

危険なハチの種類とは!
危険性について紹介!

蜂は冬以外は活動していますが、特に夏から秋にかけて活発的になります。実は日本には4000種類以上もの蜂が存在しているのです。蜂の種類によっては、人間を攻撃するものもいます。

山や川などにいるだけでなく、自宅の屋根に巣を作ったり、地面に巣を作るという蜂もいるので、子どもがいる家庭は特に注意が必要です。

では、今回は危険な蜂の種類や蜂の危険性について紹介していきます。

危険な蜂ってどんな蜂?

冒頭でも紹介したように、日本には4000種類異常の蜂が存在しています。その全てが危険な蜂というわけではありません。ごく一部の蜂が危険なのです。では、危険な蜂について紹介していきます。

  1. オオスズメバチ
  2. キイロスズメバチ
  3. モンスズメバチ
  4. チャイロスズメバチ
  5. ツマグロスズメバチ
  6. ツマアカスズメバチ
  7. コガタスズメバチ
  8. ヒメスズメバチ
  9. クロスズメバチ
  10. アシナガバチ

これらが特に危険な蜂です。

蜂の危険性!

上記で紹介した蜂はとても危険です。どれほど危険なのでしょうか?
では、蜂の危険性について紹介していきます。

スズメバチ

スズメバチは巣の近くを人間が通っただけで襲ってきます。スズメバチの毒は「毒のカクテル」と呼ばれています。刺す攻撃だけでなく、毒を霧のように巻き散らかすという攻撃もします。なので、目に入った時は失明する可能性もあるので注意しましょう。スズメバチは毒があればずっと刺し続けてきますし、集団に襲われたらとても危険です。

アシナガバチ

スズメバチよりもおとなしい蜂です。しかし、こちらから巣に近づいたり、いたずら半分で追いかけたりすると攻撃してくるので注意しましょう。アシナガバチは目立たない場所に巣を作ることが多いため、発見されにくいですし、巣を駆除してもまた同じところに作ることもあります。なので、しっかりとした対策が必要です。

蜂は早めにプロに駆除してもらおう!

今回は危険な蜂の種類や蜂の危険性について紹介してきました。蜂は4000種類以上もの種類が存在します。その種類によってはとても危険な蜂もいるのです。

自宅の屋根や自宅近くの地面などに巣を作って潜んでいる場合もあります。こちらから攻撃しなくても、巣に近づくだけで攻撃をしてくる場合もあるので、子どもがいる家庭では特に注意が必要です。

蜂を見つけたら、自分で駆除するのは危険なので、自分で駆除しようとするのではなく、プロに依頼して駆除してもらうようにしましょう。